【家族の反対②】周囲の反応まとめてみた。【青年海外協力隊】

選考関係

先日、「友人が青年海外協力隊の試験を受けることを家族に反対されている、どうするべきか?」という記事を書きましたが、今日はその続きみたいなやつです。

【家族の反対①】諦める…?試験受ける…?【青年海外協力隊】
友人が、家族から協力隊の試験を受けることについて、反対されているらしい。20代の大事な時期に2年間もそんなところにいって…そんな所に行って、何になるの?別に誰からも感謝されない…家族にこう言われた時にどうしたら良いのかを書いています。

JICAのウェブサイトに「家族の声」というページがあり、帰国隊員のご家族に対してアンケートをとっています。よかったらどうぞ。

そのアンケートの中で、協力隊参加について、85%のご家族の方が賛成していたという結果がでています。

家族の声 | JICA海外協力隊
私たちは、日本と開発途上国の人々をむすぶ架け橋として、互いの知識や経験を活かした協力をすすめ、平和で豊かな世界の実現をめざします。

帰国隊員のご家族にアンケートとったら、そりゃあ反対なんて言わないよなあ…と思ったのはさておき、

賛成はしていても、アンケートにのってこない親御さんの気持ちとか、たくさんあるんだろうなぁ、と思いながらこれを見ていました。

そういうわけで、実際に協力隊に参加するにあたり、みんながどんなことを言われていたのかについて、まとめてみました(´・ω・`)

周囲の反応まとめ。

私や友人達が実際に言われたことや、また聞きの話など、色々混じってますが、知ってる話をまとめると大体こんな感じです。

寂しいから行かないで。

婚期逃すわよ。

今まで積み上げたキャリアがなくなるじゃない。

アフリカで井戸掘りでもしてくるのか。

そんなに未開の地の人間と一緒に生活したいのか。

せっかく先進国に生まれたのに。なんでわざわざ、途上国に行くんだ。

あの人たち(途上国の人)は、劣ってる。自分じゃものを考えられてないんだ。

Σ(゚□゚;)下に行くほどえげつない。でも、リアルな本音なんだと思います。

これはJICAのアンケートには確実に載らないやつです。

キャリアがとか、婚期がとか言って、心配している声が可愛く見える。

理解のない家族は悪なのか。

さて、上のようなことを言われた時、どう反応するのが正解なのでしょうか。

どんな親御さんでも、「子供に歩んでほしい理想の人生」が各々の中にあるのだろうと思います。

そして上のようなことを言われた人は、おそらく、協力隊に行くことは親御さんの理想とする選択ではなかったのでしょう。

ですが、どちらの考えが正しいとか間違っているとか、良いとか悪いとかそういうことではないんですよね…

自分の子供が、自分の理想とする以外の進路を望んだ時、それにどう反応して消化していくかは、親御さんの課題であり学びです。

なので反対をされたとしても、極端なことをいえば、親や家族の反対は自分自身には関係ないことだとも言えます。

もちろん一緒に住んでいて、毎日上のような小言を言われていたら、いい気はしないと思いますが、

親御さんもそういうものと折り合いをつけるために、日々葛藤しているのだと考えることができれば、自分自身もさほど苦しくはならない。

進路を反対されたとしても、最後はやりたいことをすれば良いのだけれど、

すぐには理解しあえなかったとしても、時間をかけてゆっくりと一緒に成長していければいいんじゃないかと私は思います。

ちなみに、上のJICAのアンケートでは、100%のご家族の方が、「2年間の協力隊経験が、いい経験になった」と回答しているそうです。

蛇足

私がどうだったかというと、

一部の家族親戚からは色々と言われ、苦しかった時期もありますが、幸い一緒に住んでる旦那がスーパーイケメンだったので、快く送りだしてもらえました。

短期隊員の中には、主婦でお子さんいる人もいたので、家庭があって長期が厳しい人にもおすすめです。

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました!

この記事のご意見・ご感想は、お問い合わせフォームやツイッターなどからお待ちしています☆

気軽に送ってくださるとよろこびます♪

2020/4/11

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ にほんブログ村 その他趣味ブログ コスプレへ

ブログ村のランキングに参加中です^^

ここから色んな方のブログも読めるので、ぜひ使ってください♪

ランキングも上がって私も喜びます♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました