【看護師】仕事行く…?行かない…?自分のサインに気づく。【新卒】

病院時代

4月に入り、新入社員の季節。

Twitterで新人看護師さんが、色々とつぶやいているのをよく見かけます。

なんとか、1週間出勤できた。

今日は仕事に行きたくない。休みたい。

もちろん、最初のうちは右も左も分からないし、先輩みんなに気を使うし、大変だとは思いますが、

そのうち、本当に行きたくなくなる日が来たら、行かなくてもいいよ。

ということを知っておいてもらいたいです。

社会人:2種類のタイプ

不思議なもので、世の中には2タイプの人がいて、仕事に行きたくない行きたくないと言いながら、

社会人生活をのらりくらり送れる人と、本当に無理な人。この二つのタイプがいます。

社会に適応できるタイプ

以前、同期に仕事するのはつらくないのか。どうして仕事を続けているのか聞いたことがあります。

え、仕事行きたくないときはあるけど、めんどくさいなーと思いながら行くよ。

え、あ、そうなんだ。

「なんだかんだで行きたくなくても、めんどくさいなあと思いながら、いける人。」

これが社会人の鑑。かどうかは知らない(´・ω・`)

だけど、どんなに仕事が嫌だとしても、シフトが組まれているからとか、平日だから会社に行かなきゃとかいいながら、何年も満員電車に揺られて仕事に行けることって、

社会で生きていく上で、大きなアドバンテージだと思うんです。

だから多少つらくても、このタイプの人は大丈夫。(いや、本人的にはしんどいのかもしれないけど。)

社会がコロナでおかしくなっていようが、病棟の人間関係や空気が多少悪かろうが、適応していくのだと思います。

適応できないタイプ

でも、そこの輪に入れない人は一定数います。

繊細だったり、ストレス耐性が低めだったり、空気の変化に敏感な人だったり。

そうじゃなくても、1年目の看護師さんは、知識不足や業務の責任の大きさ、人間関係諸々…新人時代のストレスは半端じゃありません。

最初は、ちょっとのしんどいが積もり積もって、ある日、うつやら、適応障害やら、ひどくなると自律神経失調症とかそんな病名をつけられて、戦線離脱を余儀なくされることもしばしばあります。

ちょっときつめの先輩が多いチームに配属されてしまったばっかりに、日々の業務負担に加えて、先輩からの重圧に耐えきれなくなり、ある日こられなくなる…

という知り合いを何人も見てきました。

職場に行こうとすると、身体的に具合がわるくなる。涙が止まらない。息苦しい。身体が動かない。

自分をごまかし、しんどいまま仕事を続けて、こんな症状が出始めたらもうアウトです。仕事なんて絶対行ったらだめ。

身体のサインが出始めたら

行きたくない職場に行こうとして具合が悪くなるのは、身体が「そこに行ってはだめだ」と、教えてくれているのです。

身体が出してくれているサインに、ちゃんと耳を傾けてあげてください。

自分がどれくらいつらいのかは、自分が一番知っているはず。

つらさは他人と比べるものではありません自分がつらければつらい。それで充分です。休んでください。

無理してその職場に適応していこうとする必要はありません。

それは弱いのではなく、その職場が自分のフィールドではなかったというだけです。

新卒で頑張っている看護師さんは、今はまだ、その日1日を乗り越えるのに必死だと思いますが、

数か月先にしんどいなーと思った時の参考にでもしてください(´・ω・`)

<一番大切にしないといけないのは、先輩の機嫌でも病棟の都合でもなく、自分自身です。>

 

↓↓私が看護師辞めた時の記事はこちらです↓↓

【とりあえず3年】頑張ることに意味はあるのか。【新卒】
「社会人になったらとりあえず3年頑張る」とはよく言いますが、看護師の世界でも、とりあえず3年という常識があります。しかし、毎日忙しい業務に忙殺され、人間関係にも辟易し、毎日息が詰まりそうな生活を送っていました。

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました!

この記事のご意見・ご感想は、お問い合わせフォームやツイッターなどからお待ちしています☆

気軽に送ってくださるとよろこびます♪

2020/4/19

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ にほんブログ村 その他趣味ブログ コスプレへ

ブログ村のランキングに参加中です^^

ここから色んな方のブログも読めるので、ぜひ使ってください♪

ランキングも上がって私も喜びます♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました