ちょっとは成長した。

いろんなこと

この間、JOCV時代の先輩と話す機会があった。

JOCVの知り合いとする「今何やってるの?」系の話は、いつだれと話しててもわくわく。

みんなコロナでそれぞれ思い描いていたキャリアを中断せざるを得なかったわけだけど、それでも、海外で仕事を始めたり、大学院留学したり、負けずに自分たちのやりたいことを突き進んでる感じにいつも元気をもらって、

たまに一時帰国してくる同期や先輩たちとお茶して、世界中で頑張ってる話を聞くだけで自分もまた頑張ろうって、思えてくる。

周りの人が世界で頑張ってる話を聞いて、こうやって嫉妬もせずに素直に応援できるのは、自分もやりたいことを一通り終えられたからなんだろうなと。

高校生の時には、自分より勉強できる友達に嫉妬し、
大学生の時には、良い企業に内定もらった友達に嫉妬して、
看護師になってからは、自分より仕事ができたり、先輩とうまくやっている同僚に劣等感を持ち、いつも嫉妬と自己嫌悪でぐるぐるしてたのを思い出すと、本当にいたたまれなくなる…–;

他人の人生が羨ましいと常に誰かに嫉妬してたし、かといって自分に何ができるわけでもないので、それがさらにストレスになってどうしようもないモラトリアムだった。

私の人生、他人に嫉妬してるか病んでるかのどちらかなのか、って思う程醜くくて痛かったけど、先月日本に帰ってきて、協力隊時代の同期や先輩たちと何人か会う機会があって話てて思った。

あ、私他人に嫉妬しなくなってる。

というか、むしろ色んな人たちの近況とか楽しんで聞けてるし、普通に心から応援で来ているじゃん。

2年弱、ずっと憧れだった海外に住んで、ハノイで燃え尽きてもうやり切ったと思えるところまで働いてきたから、こんな風に気持ちよく人を応援できて、自分も自信をもって日本で家族を大切にする生き方を目指しますと言えるんだと思う。

ちょっとは成長したのか。
人間として、一回り余裕が出てきたのか。大人になったのか。そうだったらいいな。

2022/12/22

コメント

タイトルとURLをコピーしました