【HSP】メディアを通して広がることへの危機感。【考察】

いろんなこと

ここ数か月、私のgoogleさんがHSPの記事を頻繁におすすめしてきます。最近こういうの流行ってんのかな。

それとも、私がこの間検索かけたから学習してしまったのかな。(´・ω・`)

今日は、数日前にテレビ番組で取り上げられて、Yahoo!ニュースにもなり話題になっていたHSPについて、書いておきたいと思います。

考察系の記事をあげるのは今回が初めてかもしれない。

HSPの詳細については、色んな人が色んなことを詳しく書いているので、そちらをどうぞ。

↓↓参考までに。↓↓

HPS(Highly Sensitive Person)ハイリー・センシティブ・パーソン | 仙台の心療内科・精神科・美容内科マドレクリニック
HPS(Highly Sensitive Person)ハイリー・センシティブ・パーソン HSPとは、生まれつき「非常に感受性が強く敏感な気質もった人」という意味で、「Highly Sensitive

何があったの?

一言でいうと、HSPがテレビで取り上げられていたらしい。

ワイドナショーの“HSP”特集に「自分のことだった」「言葉だけ一人歩きしませんように」など反響が続々(ねとらぼ) - Yahoo!ニュース
 9月20日、ロンドンブーツ1号2号の田村淳さんが、フジテレビの番組「ワイドナショー」の中で自身がHSP(Highly Sensitive Person)であると語り、注目を集めています。

記事によると田村さんという方が、HSPを数ヶ月前に公表し、それをテレビで語ったということで、話題になったようです。

9月20日、ロンドンブーツ1号2号の田村淳さんが、フジテレビの番組「ワイドナショー」の中で自身がHSP(Highly Sensitive Person)であると語り、注目を集めています。

記事より引用

反響もそれなりにあった模様。まずはポジティブな意見から。

田村淳さんのTwitterアカウントにも、たくさんのリプが寄せられました。その多くは「ワイドナショーで話していただき、ありがとうございます! 正しい理解が広まることを願いたいです!」「淳さんがテレビで言ってくださったことで、気持ちが少し楽になりました」など、悩みや苦しみを共有できてうれしかったといった内容でした。

記事より引用

ネガティブな意見も載っていました。

「ファッションHSPが増えそうで嫌だなあ……」
「ADHDの次はHSPがファッション化しているのか……本当の当事者が困るから止めてほしい」
「ただ当てはまるだけのファッションHSPは止めて。それで生き辛さ感じてる? 悩んでる?」といった声も聞かれます。

記事より引用

実際にどれだけの人がこの番組をポジティブに捉え、どれだけの人がネガティブに捉えたのかは、知りようがありませんが、

私の感想としては、ネガティブに捉えている人たちの考え方の方がしっくりときていています。

私も、このニュースが流れてきたとき、「水垢だらけのシンクに両手を抑えつけたような不快感」を覚えました…

HSPとして生きづらさを感じている人は、本当に、この番組を好意的に捉えているのでしょうか。

そう思うことは否定しませんし、本人たちの気持ちが軽くなったというのならば、良かったです。

それよりも気になってしまったのは、「なぜネガティブに捉えた人達は、メディアを通してHSPが広がることに危機感を感じているのか」ということです。

(そもそも私はテレビ嫌いなので、ネガティブバイアスが最初から全開でかかっているというのもあるのですが…)今回はこの問いについて、内省してみようと思います。

前提。

初めに。私はテレビ嫌いが酷すぎて、テレビがほとんど見られないので、このニュース番組を見れていません。

なので、このYahoo!ニュースの中の情報しか知らないことをご了承ください。

また、私がHSPどうなのかは、診断されたこともないので何とも言えませんが。まあどちらでもいいです。

主観的には、そこそこの生きづらさと寄り添いながら、毎日生きてきたと思っていますが。(でも生きるのなんて、みんな、それぞれに大変だよね。)

なんでテレビ嫌いなの?

テレビって、つけていると自分の望む望まないに関わらず、色んな情報を送りつけてくる上に、

見てる人に対して、絶え間なく精神攻撃を仕掛けてくるので、気に入らないのです!これには結構おこ。

うっかりつけて、誰かが感情振り乱して発狂しているドラマの一場面にあたろうものなら、それだけでライフ削られるし、

〇人事件のニュースで、被害者の写真やら加害者の卒業アルバムを映している映像を見てしまった日には、

画面越しに伝わる嫌ぁな空気に全身がぞわぞわし、もうそれだけでゔぇっ…orzとなります。(/_;)

細かいこと言えば、芸能人が何かものを食べているのを見せられるのも苦痛だし、

他人を貶めたり傷つけるようなやり方でしか、笑いを取りにいかないようなお笑い番組全般も無理です。

要するにテレビ=地雷の宝庫みたいな感じです。

そういうわけで迂闊に見れたものではないわけです。

(なんかテレビの悪口みたいになってるw)

1人暮らしを始めた10年ほど前から、テレビを意識的に避けるような生活を送っておりますが、それ以降まったく困っていません。快適です(`・ω・´)

〇HKなんて災害時以外見ないのに、私はなんで受信料払ってるの…?だれか教えて?

私のテレビ嫌いは、まあ置いておくとして。

さて、この不快な気持ちはどこからくるのか。

何故このニュースに対してこんなにも反応して、不快感を家族に露にするだけにするだけにとどまらず、ブログにまで書いてしまっているのか。

ここから考察。

少し、HSPからは話がそれますが、「不幸な人は(意識的にしろ無意識的にしろ)不幸でいることを自ら望む。」考え方があります。

↓↓参考までに。↓↓

不幸自慢が幸せを遠ざける「かわいそうな自分」が自らを不幸にする
「不幸自慢」ともとれるような自己主張を繰り返す人がいます。 自分が不幸であることを主張する。 こんなに大変で苦労している自分を、皆に知って欲しいと願っています。 ネガティブな面ばかりに囚われ、固執しているのです。 かわいそうな自分を手放せなずに、不幸を自分の一部にしてしまっているのです。 不幸である自分に執着していると...

現実は心で思い描く姿を投影します。
私たちは良くも悪くも、このイメージから逸脱することを拒みます。

自分の中のイメージを離れると落ち着かなくなります。
ここは違うと、自分の居るべきところではないと違和感を覚えるのです。

何度も繰り返される「不幸なわたし」が、不幸な自分をつくりあげます。
自己イメージに「不幸な自分」を定着させるのです。

幸せな自分はおかしい、そんなものは自分ではないと、知らぬ間に自ら不幸を望むようになります。

上記サイトより引用

この考え方を今回のケースに当てはめてみると、もしかして。

この不快感の正体というのは、長い間ある程度の生きづらさを感じて生きていたために、「生きづらいという自己イメージを、自分の中に定着させた結果、自ら生きづらさを望んでいる」という状態であるために引き起こされているものかもしれない。ということです。

例えば、何か自分の生きづらい部分(病気とか障害とかそういったもの全般)に世間からのスポットライトが当たり、

(不本意にも)「それは障害なのではなくて個性なんだよ!」といわれたとする。

そうなると、今まで「生きづらさという闇」を抱えて生きていた人が急に、「みんな違ってみんな良いんだよ」と言って、明るくて暖かな場所にずりずりと引きずりだされる訳です。

一見すると、みんなが個性を認め合って幸せな世界に一歩近づいたように見えますが、そんなことはないです。

明るいところに出てくる決心がまだの人に対して、無理やりそんなことをしたとしたら、ただの暴力でしかありません。

「生きづらくない自分は、自分ではない。」と、日頃の鍛錬により、無意識に生きづらさを望むようになっているので、当人たちはどうしたらいいのか分からなくて戸惑ってしまいます。

つまり、何が言いたいのかというと。結論。

ずっと生きづらく生きてきたのに、テレビで紹介されることで世間の理解が進んでしまったら、私の生きづらさが、肯定されてしまう。そんなことはあってはならない。

私の生きづらくて、居心地の良い場所を奪わないで。

ということです。

これは、私の主観でしかないけど、ネガティブな意見を言っていた人の中には、こんな気持ちを奥底に抱えていた人もいるのかな。

生きてたら色々あると思うけど。でも、不幸な自分より幸せな自分の方がきっと楽しいから、こんなつまらないニュース記事1本に、精神すり減らしてないで、もっと楽しいこと考えて生きていたい。

とそんなことを思ったのでありました。(´・ω・`)

その他の参考サイト

コロナで「生きにくい」が加速、「HSP」とはどんな人たちか
「気疲れしやすく帰宅するとどっと疲れている」「何げなく言われた言葉がいつまでも忘れられない」「ささいなことに過剰に驚いてしまう」など組織の中で常に生きづらさを感じてつらい…そんな悩みの原因は、実は「HSP」という持って生まれた気質のせいかもしれない。「HSP」とは一体どのような性質なのか。
【HSPとは?】対策と特徴(あるある)をマンガとイラストで紹介 診断に役立つチェックテスト付き - かぽれ
些細なことに動揺する、他人に深く共感し過ぎる……。そんな人が、あなたの周りにいませんか? HSPとは「生まれつき人一倍感受性が強く、非常に繊細な気質を持った人」という意味で、Highly Sensitive Person(=ハイリー・センシティブ・パーソン)と呼ばれています。そんな「敏感さん」との上手な付き合い方をご紹...

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました!

この記事のご意見・ご感想は、お問い合わせフォームやツイッターなどからお待ちしています☆

気軽に送ってくださるとよろこびます♪

2020/9/26

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 青年海外協力隊へ にほんブログ村 病気ブログ 看護・ナースへ にほんブログ村 その他趣味ブログ コスプレへ

ブログ村のランキングに参加中です^^

ここから色んな方のブログも読めるので、ぜひ使ってください♪

ランキングも上がって私も喜びます♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました